CYCCYC

CJ+自転車保険(傷害総合保険)

CJ+自転車保険のご案内

CJ+自転車保険をご加入の皆様へ
こちらの重要事項説明書をお読みください。


CJ+会員に入会されるとCJ+会員限定で加入いただける団体保険割引が適用されている傷害総合保険をご用意しています。
(注1:エコノミー、スタンダード、プレミアムの各プランには、保険加入制限があります。)

 

CJ+自転車保険のプラン説明

CJ+会員のお申し込みと同時に下記のCJ+自転車保険にご加入いただけます。保険はエコノミー・スタンダード・プレミアムの3プラン(下記参照)から選択していただくことができます。ご希望の加入プランを選択していただき、入会申し込みと同時にご加入ください。
なお、保険の加入は新規入会時または会員資格の更新時のみの受付となっています。会員期間中の中途加入はできませんのでご注意ください。
プランの特長:エコノミー及びスタンダードは、自転車や自動車事故等の交通事故による事故のみを補償します。
プレミアムについては交通事故のみでなく、就業中を除く日常生活全般の事故を補償します。
また、スタンダードとプレミアムには、救援者費用・キャンセル費用・入院一時金の特約が付帯されています。

加入プラン

エコノミー
(自転車交通事故傷害のみ補償)

スタンダード
(交通事故傷害のみ補償)
プレミアム
(就業中を除く日常生活全般の事故を補償)
区分 保険金額
死亡・後遺障害(限度額) 325万円(限度額) 625万円(限度額) 656万円(限度額)
入院保険金日額(180日限度) 4,000円 8,000円 8,000円
手術補償 2万円 / 4万円 4万円 / 8万円 4万円 / 8万円
個人賠償責任(限度額、自己負担なし) 2億円
(同居のご家族も補償対象)
2億円
(同居のご家族も補償対象)
2億円
(同居のご家族も補償対象)
救援者費用(限度額) - 100万円 200万円
被害事故補償(限度額) - 50万円 100万円
死亡・入院時大会等キャンセル費用(限度額) - - 10万円
入院一時金(5日以上入院) - - 3万円
示談交渉 あり あり あり
保険料(非課税) 3,000円 5,000円 9,200円

【CJ+自転車保険の注意点】
1)CJ+の保険には、会員規約で加入制限があります。
2)保険でカバーされる補償範囲は以下のとおりです。
「傷害保険」の被保険者の範囲は、CJ+会員ご本人のみです。
「個人賠償責任保険」の被保険者の範囲は、CJ+会員本人、配偶者、同居の親族および別居の未婚の子です。
「後遺障害」は、14級から1級までを全てカバーし補償されます。
「個人賠償責任保険」の補償条件は、自転車等のエンジンが無い交通乗用具による加害責任が発生した場合です。
「入院費」は、日帰り入院を含む、入院初日から補償され、入院期間180日までです。
「示談交渉」はもちろん、訴訟費用・弁護士費用・仲裁和解調停費用補償も付きます。(国内事故のみ)
3)以下の3つ(i、ii、iii)は、スタンダードとプレミアムだけにご用意している特別な補償です。
重要:上記2)3)に関する補償は、全て国内外問わず対象です。(ただし、示談交渉は、国内のみ)

i:救援者費用
重要:会員ご本人の救援費用やご家族の現場までの移動、宿泊費用も含みます。
・プレミアムの、救援に必要な費用補償は200万円までです。
→自転車はもちろん、スキー、ヨット、軽登山等の事故での救援費用が補償対象です。
・スタンダードの、救援に必要な費用補償は100万円までです。
→自転車を含む、多種の交通乗用具搭乗中の事故での救援費用が補償対象です。
ii:被害事故補償(犯罪被害も含む会員ご本人が補償対象)
・プレミアムの、犯罪被害を被った場合の補償は100万円までです。
→ 犯罪被害を含む殆どの事態での事故被害が補償対象です。
・スタンダードの、犯罪被害を被った場合の補償は50万円までです。
→ただし、交通乗用具搭乗中の事故被害(犯罪被害を含む)が補償対象です。
iii:大会等キャンセル補償
・プレミアムをご選択の会員ご自身、または配偶者および1親等内の親族(ご両親またはお子さま)が死亡・入院してしまった場合の交通、宿泊、航空券等をキャンセルしたことによる費用(10万円限度、自己負担額あり)を補償します。
注意:天候不順・渋滞・電車等の遅延・入院を伴わないケガや病気等を原因とするキャンセル費用はお支払いの対象となりませんのでご注意ください。

キャンセル費用のお支払い例:CJ+プレミアムプラン選択会員の父親が亡くなってしまい、1週間後の乗鞍大会に参加するために支払った大会参加費に加え、予約していたホテル・列車・バス等の予約取消違約金として5万円の費用が発生してしまった。
お支払いする保険金=50,000円-(50,000円×20%(※注 下記に説明))= 40,000円
※注 説明:1,000円以上、20%の多い額を自己負担

保険金をお支払する場合、お支払いできない場合について

◎「ケガ」とは、「急激かつ偶然な外来の事故」によって身体に被った被害をいいます。
◎CJ+の会員規約「保険加入制限」に該当する方は、保険の補償が受けられません。

  保険金の種類
保険金をお支払いする場合
保険金をお支払いできない主な場合
ベーシックを除く各プラン共通 個人賠償責任 会員およびそのご家族が、偶然な事故により他人にケガをさせたり、他人の財物に損害を与え法律上の賠償責任を負った場合 ①故意、暴行、殴打による賠償責任
②地震、噴火、津波によって被った賠償責任
③同居の親族に対する賠償責任
④被保険者の職務遂行に直接起因する賠償責任(仕事上の賠償責任)
⑤他人から借りたり、預かったりした物に生じた賠償責任
死亡保険金 事故によるケガのため、事故発生日からその日を含めて180日以内に死亡された場合 ①会員以外の方が事故にあわれた場合
②故意、重大な過失、自殺行為、犯罪行為、または闘争行為によるケガ
③酒気帯び運転、麻薬等を使用しての運転によるケガ
④脳疾患、疾病または心神喪失によるケガ
⑤地震、噴火、津波によるケガ
⑥道路外で自転車による競技、興行(練習を含みます)をしている間に被った傷害
⑦頸部症候(いわゆる「むちうち症」)、腰痛その他の症状を訴えている場合でも、それを裏付けるに足りる医学的他覚症状のないもの
後遺障害保険金 事故によるケガのため、事故発生日からその日を含めて180日以内に身体に後遺障害が生じた場合
入院保険金 事故によるケガのため、入院された場合
手術保険金 事故によるケガの治療のために、事故発生日からその日を含めて1,000日以内に病院または診療所において手術を受けられた場合
スタンダードとプレミアムのみ 救援者費用 次のいずれかに該当したとき
①被保険者が搭乗している航空機または船舶が行方不明または遭難した場合
②事故により被保険者の生死が確認できない場合
③事故により緊急な捜索・救助活動が必要なことが警察などにより確認された場合
被害事故補償 犯罪被害による事故(人の生命または身体を害する意図をもって行われた行為によって、被保険者の生命または身体が害される事故)またはひき逃げによる事故のため、死亡または重度の後遺障害を被った場合
キャンセル費用 被保険者、被保険者の配偶者または被保険者の1親等以内の親族の死亡、傷害または疾病による入院によって、被保険者が旅行、ホテル、航空券の予約等各種サービスの提供をうけられなくなった場合に、被保険者または被保険者の法定相続人がキャンセル費用を負担した場合
入院一時金 被保険者が傷害を被り、入院保険金を支払う場合で、かつ、入院日数が5日をこえる場合

ページの先頭へ